エンジニアの宿命である特許調査をどう立ち向かうか

色々(雑記)

 私は会社員のエンジニアとして、製品の開発・設計を行っています。
製品開発をしていくと為に技術的に日々奮闘していますが、業務の中で”特許調査”というものが必ず出てきます。

以下あくまで個人の見解です。

 特許調査をしなければならない理由としては以下の2つの理由があります。
①開発している製品が、他社が出願している特許に抵触していないかどうか確かめ、他社が無償で真似できない様にするため。(保守的な特許戦略)
②他社を出し抜いて、お金を請求するための特許戦略を行うため。(攻撃的な特許戦略)
この2つが挙げられます。

①保守的な特許戦略

 ①に関しては、製品を販売した際に、他社に訴えられて、特許料を取られたら、会社の利益を毀損してしまうため、それに対する“自社の開発製品を守る”ためです。
雑な説明をすると、他社の技術に触れていないことを確認した上で、”製品の情報をオープンにして真似するな”というような感じです。
自社の製品技術を無償で使うのを防ぐことができ、もし仮に使いたいのであれば、お金を払うようにさせることが可能です。

②攻撃的な特許戦略

 ②に関しては、特許調査を通じて、他社がどのような製品を開発し、どこを目指しているのかを予想し、先に特許を取得し潰しておくといったアプローチです。
 また、特許ベースですが他社の製品開発の動向を掴むことになるため、相手の製品開発のペースに追随できたり、製品開発を先回りすることが可能です。
 更には、読みこんだ特許をもとに、製品を開発せずに技術のみをおさえておき、相手の製品開発の邪魔をすることもできます。
 相手が回避困難として、特許料を支払うこと止む無しと思ってくれれば儲けものです。

 どちらかの戦略が正しいとまではいいませんが、企業の特許を取り扱っている部署の方針によるところが大きいと思います。

結局どのように特許に立ち向かうのか

 特許に対する対応は正直会社ごとによって異なるため、これが正解ということは名言できません。しかし、エンジニアである以上、私は自分が開発している製品に責任を持たなければならないと考えています。

 従って、私の立ち向かい方は①の保守的に観点で対処するです。

【具体的にどのように特許調査を行うか】
私の取り組み方は、
①独立項のみをみて、他社の特許が自分の製品に該当していないか確認。
②実施例をざっと見る。

この2点です。

独立項とは、特許にある請求項の一つです。
請求項の中に、独立項と従属項があります。
基本的に独立項とは、出願している特許として主張したいところの核となる部分であり、従属項は独立項の補足がほとんどです。
 従って、私は独立項をみて判断します。
※特許を全て読もうとすると、数が多くて本来の仕事ができないからという言い訳もあります。

②の実施例は、図を用いて説明されているため、視覚的に分かりやすい点と、分割特許を警戒するためです。
分割特許とは、メインの特許がから一部を特許として切り離して、別に出願するというもので、実施例からしばしば出願されているためです。

 いかがでしょうか。
エンジニアでも特許に対する捉え方や取り組み方が違い、個性や社風が出るところではないでしょうか。特許で私の様に悩みながら、試行錯誤で取り組んでいる方もいるかもしれません。
皆さんの特許に対する取り組み方は保守的でしょうか、攻撃的でしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました