簿記

スポンサーリンク
簿記

前払金と前受金について / Chapter3 債権・債務

 商品を取引先と授受をする前に、手付金等を受払する場合があります。この時に用いられる勘定科目が前払金と前受金です。 前払金と前受金は商品売買によって生じる勘定科目である点が特徴です。商品以外の場合は違う勘定科目になりますが...
簿記

電子記録債権・債務 / Chapter3 債権・債務

 電子記録債権・債務は2019年より簿記3級の出題範囲となった、比較的新しい債権・債務の内容です。  字のごとく、電子(データ)で情報を取り扱うため、ペーパーレスで手形と異なり印紙の添付がないことから、印紙税がかからないといったメリ...
簿記

手形について / Chapter3 債権・債務

 "手形"という言葉を聞いたことがあるでしょうか?今回解説する"手形"と呼ばれるものは、簡単にいうと、"指定日にお金を支払う、または、受け取りますよと約束した証書"の事を示します。 お金を支払う約束と、受け取る約束の手形で勘定科目が...
簿記

仕入帳と売上帳について / Chapter2 商品売買

 Chapter1の最後で学習した出納帳の様に、商品売買においても仕入と売上の取引を記録するための補助簿があります。 今回は、それぞれの補助簿である、仕入帳と売上帳を学習していきます。 それぞれの補助簿に記載する内容としては、...
簿記

クレジット払いを受けた時の仕訳の方法 / Chapter2 商品売買

 私達が普段使うクレジット払い。これを商品を提供している会社の立場で会計処理を行うとどのようになるのでしょうか。 この仕訳方法を解き明かすためには、クレジット払いの仕組みを理解しなければなりません。 クレジット払いのサービス概...
簿記

仕入と売上の諸掛 / Chapter2 商品売買

 タイトルの通り、仕入の時と売上時の諸掛について解説していきます。※掛け取引は以前学習済みです。  この"諸掛"は、付随費用の事を示します。例えば、商品を仕入れた際の商品の"運送費"のことなどです。  諸掛に関しては、商品取引...
簿記

商品の返品 / Chapter2 商品売買

 今回は商品の返品があった場合の仕訳がどのようになるかを見ていきます。  そして返品の仕訳は、簡潔に説明すると、仕入・売上の逆の仕訳を行うだけです。 商品が送り返されたのか、送り返すのかを確認した後、落ち着いて仕訳を行えば、...
簿記

掛け取引について(売掛金・買掛金) / Chapter2 商品売買

 商品を売買した場合に、掛け取引として代金を後日払いにする時があります。この商品を後で支払う際に用いられる勘定科目を"買掛金"と呼び、後で受け取る勘定科目を"売掛金"と呼びます。 掛け取引を私たちに馴染みある言葉に置き換えると"ツ...
簿記

商品売買の帳簿方法について / chapter2 商品売買

 私たちは普段生活に必要なものをお金を支払って購入しています。一方で、会社の立場からみると、商品を売ることもあれば、その商品をどこから購入して販売したり、自社で製造し販売します。こうした、商品売買において、簿記ではどのように会計処理(帳簿...
簿記

小口現金について / Chapter1 現金・預金

 個人ならまだしも会社は資産(現金)を手元においておくのは危険と考えられます。会社の資産は規模にもよりますが、数千万・数億以上でしょう。従って、資産は手元へは置かず、当座預金口座にお金を預けていることが多いです。  しかし、会社経営...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました