ふるさと納税をやってみた。メリットしかない買い物だと思う。

色々(雑記)

 ”ふるさと納税が節税になる“という言葉を何度も聞いてはいたのですが、中々ふるさと納税をすることができました。

 よく人間は、”現状維持バイアス“というものに囚われてしまい、現状維持を常に選択してしまい何も変われなくなってしまうそうです。


確かに、毎日新しいことを実行していたら疲れてしまいますよね。

 しかし、普段から金融系の教育(FPや簿記学習)に取り組み、両学長の動画を見て、お金に束縛されないようにしていきたいと考えている私としては、人生のコストを下げるためにも、節税となるふるさと納税をして、現状維持バイアスに対抗してやると思った次第です。

ふるさと納税はなぜ節税になる?

 ふるさと納税は節税になるからお得というのは、どういった理屈なのか、今更ながら恥ずかしくて聞けなかったので、少し調べてみました。

 会社員で確定申告をしない私は、ワンストップ特例を受け、ふるさと納税をすると、納税した額から2,000円を差し引いた額が来年の住民税から控除されるみたいです。
この2000円は固定です。
※確定申告する場合は、控除のされ方が異なります。参考HPをご覧下さい。

 つまり、仮に2万円のふるさと納税をすると、来年の住民税は1万8千円減るということになります。

 これでは、2千円損している状態ですが、ふるさと納税の醍醐味は、なんといっても返礼品でしょう。節税に返礼品が合わさることで、効果が出ます。

 ふるさと納税は節税というよりは、税金減額+返礼品なので、錬金術のようなものです。

 つまり、やらなければならない。損する方が難しい仕組みなのです。
ふるさと納税が年収によって異なるため、自分のふるさと納税額を調べてみましょう。
注意)簡易シミュレーターであるため、正確な額は税理士に確認していください。
簡単シミュレーター:https://event.rakuten.co.jp/furusato/mypage/deductions/

 私は、税理士に相談してお金を支払うのがもったいないため、シミュレーターから少し少ない額でふるさと納税をしました。

参考HP:ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/about/municipal_tax

私が選んだ返礼品を一つ紹介

 私がふるさと納税をすればどこでも節税となるため、返礼品で選びました。
そこで、一つだけ紹介したいと思います。

 ふるさと納税先は、大阪府貝塚市です。
返礼品は:ito美人コンパクトバスタオル3色3枚セットです。
(https://www.furusato-tax.jp/product/detail/27208/4869616?city-product_rank)

 食べ物で選ぶのではなく、生活で必ず使うもの(生活必需品)を選びました。長期に渡り、自分の生活を良い物にしてくれるためです。
バスタオルは数年使って、パリパリのゴワゴワだったので、私ながらナイスな買い替え時だと思います。

 すごく柔らかくで、決して小さすぎず、バスタオルとして十分に体を拭くことができて、とても良い品を頂いたと思います。

ワンストップ特例を選んだらやらなければならないこと

 確定申告をしない人は、ワンストップ特例によって税金控除を受けられるのですが、寄付をした後に、寄附先に申請書を提出する必要があるため、必ず行って下さい。
これを送付しないと、控除が受けられなくて、メリットが台無しなので、とても重要です。
また、ワンストップ特例では、寄付先が5つ以下の場合に限られている点にも注意です。

 6つ以上の自治体に寄付する場合は、確定申告により控除手続きをすれば、控除が受けられますので、ご安心ください。

参考HP:https://event.rakuten.co.jp/furusato/guide/onestop.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました