日商簿記1級学習記録 #45 / 6月の振り返りと7月の学習計画

 今年は例年よりも早く6月時点での梅雨明けとなり、とても暑い日々が続いています。
洗濯物が良く乾いてよいですが、熱中症には気を付けて、水分を多く摂取しています。

 6月の日商簿記1級の学習は、計画した通りに実行することが出来、コツコツと学習が出来ています。

 今回は、6月の学習の振り返ると共に、7月の学習計画をたてていきたいと考えています。

6月の学習振り返り

 6月の学習計画は以下の表の黒矢印で計画し、実績を青矢印で記入しました。

 6月は連休がありませんでしたが、計画通り学習を遂行することが出来ました。

 ただ、学習ができた日が、休日のみで平日はほとんど学習できなかった点が反省です。
平日の帰宅が遅くなり、その後に夕食を作り、食べた後にお風呂に入ると、大体10時目前となり、そのまま就寝となってしまいます。

 最近仕事が忙しいこともありますが、そういった中でも学習をしていける様に、過去に実施していた朝活を再度実行していきたいと考えています。

 夏になり、朝も寒くて布団から出られないことはないため、活動しやすいのではないかと考えています。

スポンサーリンク

7月の学習計画

 7月の学習計画は、6月学習してきた内容の復習と、解法マスターの学習し直しを計画します。
計画は以下の通りです。

 解法マスターの再学習をする意図は、6月にファイナル答練を学習してきて、まだ基礎力が足りていないと感じたためです。
そのため、解放マスターをもう一度学習することにより、基礎力を高め、さらにファイナル答練も解き直すことで、知識の定着を図ります。

 7月は新しい問題に取り組むよりは、一旦立ち止まり、地固めをすることにより、今後の予想模試の正答率を上げていく狙いがあります。

 少しずつ学習のペースを上げていき、8月後半には予想模試に5割以上の正答率を出していける様にしていきます。

最後に

 夏本番で、毎日暑く熱中症になって、貴重な時間を療養で潰してしまわない様に、体調管理に気を付けて、毎日仕事と勉強に励んでいきたいと思います。

スポンサーリンク