未収入金と未払金について / Chapter3 債権・債務

簿記

 今回勉強する内容は、商品売買以外(本業の取引)と金銭の貸借以外の取引によって生じる金銭に関する債権・債務です。

今までの債権・債務と整理すると以下の通りです。
・商品売買での手付金・・・前受金・前払金
・金銭の貸し借り・・・貸付金・借入金
・建物の購入・売却の代金を前もって授受・・・未収入金・未払金

つまり、商品売買以外の何かを購入する時に、
代金を後日支払いにした場合、“未払金”勘定(負債)を計上します。
そして、商品売買以外の何かを売却する時に、
代金を後日受け取りにした場合、“未収入金”勘定(資産)を計上します。

それでは、例題より確認していきましょう。

未収入金の仕訳

例題

当社は帳簿価額¥3,000の備品を¥3,000で売却し、代金は後日受け取ることにした。


勘定科目

備品、未収入金



解答
借方   金額貸方   金額
未収入金3,000備品3,000

未収入金は将来現金を請求できる権利であり、資産です
従って、資産の増加は借方に仕訳をします。
そして、資産である備品が減少するため、備品は貸方に仕訳をします。

備品の売却で代金を後日受け取りという、本業の取引以外のものであるため、”未収入金”です。


未払金の仕訳

例題

当社は、土地¥4,000を購入し、代金は後日払いとした。


勘定科目

土地、未払金



解答
借方   金額貸方   金額
土地4,000未払金4,000

未払金は将来お金を支払う義務であり、負債です
従って、負債の増加は貸方に仕訳をします。
そして、資産である土地が増加するため、土地は借方に仕訳をします。

土地の購入で代金を後日払いという、本業の取引以外であるため、”未払金”です。


最後に

 土地や備品といった本業の取引以外の商品取引において、
代金を後日受取・・・未収入金
代金を後日支払い・・・未払金
が今回勉強した仕訳です。
債権・債務やカテゴリ毎に勘定科目が変わりますが、やっていることはわからないのでワンパターンです。
問題を繰り返し解いたら自然にできるようになると思います。

さらに問題にトライしたい方は以下のボタンより、仕訳問題を解いてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました