saga

スポンサーリンク
仕訳問題(3級)

簿記の基礎を総復習(簿記3級の仕訳問題)

 なるべく紙を用いずに解答できることと、簿記3級の仕訳が全体的に復習できることを大切にして、仕訳問題を作成しました。(2020年11月12日時点)これまでの仕訳問題のリンクをまとめましたので、活用いただければ幸いです。 簿記3級仕訳...
仕訳問題(3級)

簿記3級仕訳問題 / 仮払金・仮受金について

 とりあえず現金で支払ったが、その支払ったものや金額が未だ確定していない場合、支払った側は仮払金勘定で仕訳を行い、受け取った側は仮受金勘定で仕訳を行います。例えば、会社に努めている従業員が来週出張で、県外にいく必要がある場合に、概算でいく...
仕訳問題(3級)

簿記3級仕訳問題 / 電子記録債権・債務について

 今回の仕訳問題は、電子記録債権と債務に関する問題です。電子記録債権と債務は、でんさいネットと呼ばれる電子記録を行った金銭の債権・債務の事を示します。 この記録は取引している金融機関を通じて行われ、この電子記録は他人へ譲渡することが可能で...
仕訳問題(3級)

簿記3級仕訳問題 / 約束手形について

 今回の仕訳問題は手形に関する問題です。そもそも手形とは何かをおさえておくと、将来のある期間に、手形を発行した人の当座預金から、一定の金額を支払うことを約束した証券のことを手形と呼びます。手形は受け取った場合は受取手形勘定として仕訳を行い...
仕訳問題(3級)

簿記3級仕訳問題 / クレジット売掛金について

 普段皆さんが使用することが多いクレジット払い。今回は会社の立場で、顧客がクレジットカードで支払った時の会計処理を確認していきましょう。 クレジット払いの支払いの時、直ぐに顧客が代金を支払っているのではなく、クレジット会社が変わりに会社に...
仕訳問題(3級)

簿記3級仕訳問題 / 商品売買の掛け取引について

 商品売買取引の会計処理には分記法と三分法の2つがあります。今回はこの2つの手法を特急で確認していきましょう。 次の取引を仕訳しなさい。尚、勘定科目は次の中から最も適当なものを選び解答すること。そして、解答では、分記法と3分法の2つ...
仕訳問題(3級)

簿記3級仕訳問題 / 小口現金について

 会社の決算に際し、財務諸表を作成するために、各種取引を仕訳を行いますが、日々の少額の支払いに対して逐一仕訳を行っていては大変です。そのため、少額の支払いでは、別の用度係(小口係)が処理するといった定額資産前渡制度(インプレスト・システム...
仕訳問題(3級)

簿記3級仕訳問題 / 現金過不足について

 現金の帳簿価額が実際有高と異なる時、現金勘定の帳簿価額を実際有高に合わせる修正仕訳を行います。その差異が不明の場合に、現金過不足金勘定を計上し、会計処理を行います。この処理は、本試験でも頻出なので、しっかり理解しておきましょう。 ...
本・雑誌

自分自身を観察し評価する客観力の鍛え方/メンタリストDaiGo超客観力

取り上げる本について 出版社:repicbook タイトル:「無駄に悩まない理想の自分になれる超客観力」著者:メンタリストDaiGo 【読者ターゲット層】  ※私見です・自分自身を理解したい人・バランスの良い考え方を身に付け...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました