差入保証金と諸会費等について / Chapter3 債権・債務

簿記

 差入保証金諸会費受取商品券について勉強していきます。
今回の内容は、他のものに比べると重要度は少し低いです。
他の学習が落ち着いてきたら取り組むくらいが良いと思います。

【差入保証金】
 不動産の貸借にあたって、敷金や礼金を支払うことがあります。この代金を簿記の仕訳においては、差入保証金勘定で仕訳を行います。

不動産に関する仕訳を整理する以下の通りです。
家賃・・・支払家賃勘定 (費用)
敷金・・・差入保証金勘定 (資産)
その他手数料・・・支払手数料 (費用)

【諸会費】
 会社が所属している団体などの年会費等の支払いに対し、諸会費(費用)勘定で仕訳を行う。

【受取商品券】
自治体が発行した商品券や、同グループ店で使用できる商品券に対し用いられる。
商品券を受け取った時は、資産の増加であるため、借方に仕訳を行い、
譲渡した場合は貸方に仕訳を行う。

それでは、例題を確認していきましょう。

差入保証金に関する仕訳

例題

当社は、店舗の貸借にあたり、1ヵ月分の家賃¥4,000と、敷金¥3,000を現金で支払った。


勘定科目

支払家賃、差入保証金、現金



解答
借方   金額貸方   金額
支払家賃
差入保証金
4,000
3,000
現金7,000

差入保証金は資産であるため、借方に仕訳を行い、
支払家賃は費用であることから、借方に仕訳を行う。
そして、資産である現金が減少するため、現金は貸方に仕訳をします。


諸会費に関する仕訳

例題

当社は、所属している団体に、年会費¥2,000を支払った。


勘定科目

諸会費、現金



解答
借方   金額貸方   金額
諸会費2,000現金2,000

諸会費は費用であるため、借方に仕訳を行います。
そして、資産である現金が減少するため、現金は貸方に仕訳をします。


受取商品券に関する仕訳

例題

当社は、商品の売上¥5,000の受取代金として、同額の自治体発行の商品券を受け取った。


勘定科目

受取商品券、売上



解答
借方   金額貸方   金額
受取商品券5,000売上5,000

受取商品券は、資産です
従って、資産の増加は借方に仕訳をします。
そして、売上は収益であるため、貸方に仕訳をします。


最後に

 如何でしょうか。
例題で確認していくのが、今回は一番手っ取り早く理解できるのではないかと思います。
更に仕訳問題に取り組みたい方は以下のボタンより、問題にトライしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました