簿記3級仕訳問題 / 貸付金・借入金について

仕訳問題(3級)

次の各取引を仕訳しなさい。尚、勘定科目は次の中から最も適当なものを選び解答すること。

 現金  普通預金  当座預金  売掛金  買掛金  貸付金
 借入金  役員貸付金  役員借入金  受取利息  支払利息

(1)P社はQ社に¥500,000を貸付け、利息¥5,000を差し引いた残額について現金でQ社に渡した。
(2)P社はR社に対し、現金¥1,000,000を期間6か月、年利4%で貸し付けた。
(3)P社は銀行から¥5,000,000を借り入れた。尚、利息¥10,000を差し引かれた手取り金を普通預金へ振り込んだ。
(4)上記(2)の貸付金の満期日となった。利息と共に現金で受け取った。尚、利息は月割り計算で行う。
(5)P社は当社役員のA氏に資金を貸し付ける目的で現金¥3,000,000を渡した。但し、その重要性を考慮し、貸付金勘定ではなく、役員貸付けであることを明示する勘定を用いること。尚、利息は受取時に計上し、年率1%で利息と共に受け取る。

解答

番号借方金額 貸方金額
(1)貸付金500,000現金
受取利息
495,000
5,000
(2)貸付金1,000,000現金1,000,000
(3)普通預金
支払利息
4,990,000
10,000
借入金5,000,000
(4)現金1,020,000貸付金
受取利息
1,000,000
20,000
(5)役員貸付金3,000,000現金3,000,000

 解説
(1)の仕訳について
 貸し付けた額を貸付金¥500,000で借方に仕訳を行います。問題文より、渡した金額は利息を差し引いた分であるため、¥5,000を引いた分の現金を減らします。
収益の発生は貸方、資産(現金)の減少も貸方に仕訳します。

(2)の仕訳について
 まだ利息については発生しいないため、貸付金と現金のみの仕訳です。

(3)の仕訳について
 お金を借り入れたため、借入金勘定で仕訳を行います。借入時点で利息を計上するため、今回は利息を払う立場であるため、支払利息として利息を認識して仕訳します。

(4)の仕訳について
 (2)の貸付金の満期日となったため、貸しつけた元金を貸方に仕訳します。利息計算は月割りで、年率4%の6か月で月割り計算であることから、
 1,000,000×4%×6/12 = 20,000
となります。これを受取利息として仕訳をします。

(5)の仕訳について
 問題文に役員貸付けであることが明記されているため、役員貸付金勘定で仕訳します。

貸付金・借入金についての簡易解説

 金銭の貸借を行った場合の勘定科目は、貸す側は貸付金として仕訳を行い、借りる側は借入金として仕訳を行います。また、貸付金でもう一つおさえておきたいことは、会社役員から金銭の貸借を行う場合の会計処理は、頭文字に役員を付けて、会社が貸す時は、役員貸付金勘定として仕訳を行い、会社が借りる場合は役員借入金勘定として仕訳を行います。

 テキストベースで復習したい方は、以下の記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました