簿記3級仕訳問題 / 現金と預金について

仕訳問題(3級)

①現金の仕訳問題

 次の仕訳を行いなさい。但し、勘定科目は自ら思い出し解答すること。
(1)P社から売掛金¥300,000の代金として、現金を支払った。
(2)Q社の買掛金¥250,000の支払いとして、かねて受け取っていたP社振出の小切手で支払った。
(3)R社に商品¥100,000を売上げ、代金として同社振出の小切手を受け取った。
(4)R社に商品¥150,000を売上げ、代金のうち同社振出の小切手¥100,000を受け取り、残りは掛けとした。

①解答

番号借方金額 貸方金額
(1)売掛金300,000現金300,000
(2)現金250,000買掛金250,000
(3)現金100,000売上100,000
(4)現金
売掛金
100,000
50,000
売上150,000

 解説
用語(勘定科目)をおさえておきましょう。
売り上げを掛け→売掛金
仕入れを掛け→買掛金
小切手を受け取り(他社振出)現金

現金は増える時は資産が増えるため、借方(左側)に計上。減る場合は貸方に計上。
売掛金はいずれ資産をもらう権利(債権)であることから、増える場合は借方に計上。
買掛金はいずれ支払わなければならない負債であるため、増える場合は貸方に計上。

この仕訳は理解しておかないと、これからの問題ほとんど解けないと思います。間違えてしまった方は、再度復習が必須です。是非何度も解いて、考えなくても仕訳られるくらいになって下さい。

②預金の仕訳問題

次の各取引を仕訳しなさい。尚、勘定科目は次の中から最も適当なものを選び解答すること。

 現金  普通預金  当座預金  定期預金  
 仕入  売上  受取利息  支払利息

(1)現金¥200,000を入金して、当座預金口座を開設した。
(2)現金¥1,000,000を入金して、定期預金口座を開設した。
(3)商品¥300,000を販売し、代金は先方振出の小切手で受け取り、ただちに当座預金口座に振り込まれた。
(4)商品¥300,000を販売し、代金は先方振出の小切手で受け取った。
(5)商品¥400,000を仕入れ、代金は小切手を振り出し支払った。

②解答

番号借方金額 貸方金額
(1)当座預金200,000現金200,000
(2)定期預金1,000,000現金250,000
(3)当座預金300,000売上300,000
(4)現金300,000売上300,000
(5)仕入400,000当座預金400,000

 解説
(1),(2)の仕訳について
 口座開設に伴い、現金は減少するため貸方に記入し、各預金の資産は増加するため借方に記入します。

(3)の仕訳について
 ”ただちに当座預金に振り込まれた”と問題文にある場合は、小切手を受け取っても現金の増加ではなく、当座預金の増加として処理します。

(4)の仕訳について
 小切手を受け取た場合は、現金勘定として処理します。

(5)の仕訳について
 当社が小切手を振り出し支払う場合は、当座預金勘定を減らします。

 簿記3級の問題を作成しようと過去の問題集や過去問を引っ張り出してみていたら、付箋やマーカーがいっぱいあって、あの頃と比べると成長したなぁと物思いに耽ってしまいました。これから、数週間は懐かしむ日々になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました