簿記3級仕訳問題 / 約束手形について

仕訳問題(3級)

 今回の仕訳問題は手形に関する問題です。
そもそも手形とは何かをおさえておくと、将来のある期間に、手形を発行した人の当座預金から、一定の金額を支払うことを約束した証券のことを手形と呼びます。
手形は受け取った場合は受取手形勘定として仕訳を行い、支払った場合は支払手形として仕訳します。
それでは、手形を振り出す側と受け取る側の両方の立場から、仕訳を確認していきましょう。

次の各取引について仕訳をしなさい。尚、勘定科目は次の中から最も適当なものを選び解答すること。

 現金  普通預金  当座預金  支払手形  受取手形
 仕入  売上  売掛金  買掛金  電子記録債権  電子記録債務

(1)P社は商品を¥500,000売上げ、Q社に代金として当社振出の約束手形を受け取った。
(2)P社はQ社から商品¥300,000を仕入れ、代金として同社宛の約束手形を振り出した。
(3)かねてから受け取っていた(1)の約束手形の期日が到来したので、当社の当座預金口座に¥500,000が振り込まれた。
(4)かねてから支払っていた(2)の約束手形の支払い期日が到来したので、当社の当座預金預金から代金¥300,000が支払われた。

解答

番号借方金額 貸方金額
(1)受取手形500,000売上500,000
(2)仕入300,000支払手形300,000
(3)当座預金500,000受取手形500,000
(4)支払手形300,000当座預金300,000

 解説
(1)と(3)の仕訳について
 この2つの仕訳で、手形を受け取り回収する流れを復習です。手形を受け取る立場の場合は、受取手形勘定で手形を会計処理します。

(2)と(4)の仕訳について
 この2つの仕訳で、手形を振り出し支払うまでの流れを復習です。手形を振り出す立場は、支払手形勘定で手形を会計処理します。

売上と仕入の勘定で仕訳を行うということは、この商品売買取引は3分法で会計処理をするということです。3分法の仕訳が不安な方は、過去に商品売買の仕訳問題を作成していますので、再度復習してみて下さい(商品売買の仕訳問題のページへ移動)

コメント

タイトルとURLをコピーしました