S&P500へ投資する国内投資信託(2つ紹介)

株式・債券投資

 インデックス投資でS&P500が世界最強であるとよく耳にすることがあると思います。
投資の神様ウォーレンバフェット氏も、「自分が他界した場合の資産運用は9割をS&P500のインデックス投資せよ」と言ったとされています。

 S&P500への投資は過去に米国ETFから投資する方法について紹介しています。

 

 今回は、日本の投資信託からS&P500へ投資が可能なファンド2つを紹介したいと思います。

投資信託のメリット

 今回は、ETFとは違い投資信託は上場しているかどうかの差くらいですが、取引が大きく異なります。
ETFは株式と同じ様に取引を行う一方で、投資信託は一口からの購入であるため、自分が決めた範囲の金額で投資が可能です。

 つまり、毎月3万円のつみたて投資をする際も、3万円で購入可能である口数を購入できるため、月ごとに一定金額が設定でき、投資にかかる金額が変動しません。
 しかし、ETFは一株当たりであるため、一株10,000円の月もあれば15,000円の月もあるため、毎月3株購入する場合を考えると、30,000円であったり、45,000円であったりと毎月の投資金額が変動します。
 要は、投資信託であればドルコスト平均法で投資が可能ということです。

 従って、そもそもインデックス投資をしようとしている方であれば、毎月コツコツと投資しようと考える方が多いと思われますので、投資信託の方が計画的に投資が可能であると考えられます。

 以上を踏まえ、国内のS&P500に投資できる投資信託を2つ紹介します。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

委託会社名:SBIアセットマネジメント
信託報酬(税込):0.0938% / 年 (2020/9末時点)

 信託報酬(経費)は1%を切っており、かなり安いです。
しかし、ETFの”Voo”と比べると高くなっています。

 S&Pに投資するETFであれ、投資信託であれかなり経費は低いです。
従って、買いやすさをメインにしたい場合は、一口で購入できる場合は投資信託といった投資で良いのではないかと思います。

 デメリットは、SBI証券からしか購入できない点です。委託会社がSBIなので、しょうがないと言えばそれまでです。

 また、この投資信託は積み立てNISAの対象になっていることから、金融庁の厳しい基準をクリアしており、ぼったくりファンドではないことを示唆しています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

委託会社名:三菱UFJ国際投信株式会社
信託報酬(税込):0.0968% / 年 (2020/9末時点)

 こちらも積み立てNISAの対象になっています。
SBI証券で口座開設していない方で、口座開設をせずにS&P500へ投資したい方はこちらの投資信託を検討してみる価値はありそうです。

 

最後に

 S&P500に連動する投資信託を2つ紹介しました。
投資の世界で必ず勝てる運用は存在しません。
しかし、過去を振り返り長期的にみるとアメリカの成長は右肩上がりであることから、これからもアメリカが成長し続けると思う方は、S&P500への投資を検討してみる価値はありそうです。

 今回の内容で、インデックス投資について興味を持った方は、過去にインデックス投資を紹介しているため、良かったらこちらをどうぞ。

免責事項

 投資にて生じる利益・不利益は自己責任です。ご留意下さい。
当サイトのご利用は自己責任です。
当サイトのご利用によって何らかの被害や損害を被った場合でも、当サイトでは一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました