現代には家庭用ピザ窯という便利アイテムがあるらしい

料理

 先月から普段作っている料理を少しずつ凝り始めており、おうち時間が増えた今年でも、自分で作った美味しい料理?・・・によって高い幸福度で毎日を過ごすことが出来ています。

 そして、youtubeで料理の動画をのんびり見ていた時に、シェフがピザを作っているところをみて、“いいなぁ~こんなピザ食べたいなぁ”と思ってしまいました。

 最近は、食べた料理を見つけては、自分で作って食べてみるといったことを繰り返していることもあり、ピザを“自分で作って”食べてみたいという風に、脳内変換されてしまっています。

 そして、レストランの厨房とは違い、家ではピザ窯がないため”どうやって家でピザを作って調理できるのか”を調査し、このブログを活用し、整理しておこうと考えた次第です。
※ピザ生地の作り方や、トマトソースはどうやって調理するのかはまだ調べきれていません。
 実際に作る直前にブログに整理し、アップしたいと思います。

 最後に、普段投資や簿記について本ブログでアップしていることから、資産運用を絡めて家庭用ピザ窯の購入のアプローチを検討しました。

家庭用ピザ窯について

 ネットで、人気の家庭用ピザ窯を調べたところ、“フカイ工業”という会社が作っている、ピザ窯メーカーが評価が高いことが分かりました。
フカイ工業のHP参照

 画像は著作権等に配慮して載せませんが、参照の“FRM-160さくさく石窯ピザメーカー”は、ぱっと見はワッフルを作る様な装置に見えなくもないです。

 画像で見ると小さく感じますが、直径30cmのピザが焼ける装置となっており、一人暮らしでは十分な大きさです。

 そして、このピザ窯の特徴としては、温度が410℃まで設定できるため、早くカリっと焼きくこともでき、更にプレートがセラミックでできているため、水洗いも楽と思われます。

 問題点としては、メーカー希望小売価格が¥15,000(税別)と少々高めといった感じです。
毎日使用する訳ではないものであるため、その器具に1万円以上かけて購入するのは、少しリッチではないかと私自身思います。

 ここで、普段学んでいる投資の考え方を活かしていけるチャンスではないかと思います。
それは、いきなりピザ窯を買うのではなく、ピザ窯を買うお金(一万強)を得られる資産を購入し、その配当金でピザ窯を購入すれば・・・。

 ここで資産運用の経験をする大チャンスと捉え、現在は資産を淡々と購入している次第です。

補足) 年間1万円強の資産収入を得るために、どれくらいの資産購入が必要か?

 ざっと、1万円強の資産収入を得るために必要な資産をシミュレーションします。
私の資産運用は安全運転タイプと思いますが、税引き後2.5%の利回りとして計算します。

 従って、仮に1万5千円を得るために、利回りをもとに計算すると、

1.5万円 ÷ 2.5% = 60万円

となります。
意外とお金が必要です。

 これだけの額を今から今年が終わる12月までに投資しようとなると、毎月の給料からの投資+冬のボーナスからの投資が必要となります。

 しかし、目指せない額ではないということが分かったため、無理のない範囲で、投資をしていきたいです。むしろ、株式や債券からの配当金は基本的に生活費(水道代等)に使っていくようにしか考えてこなかったので、こういう違った目的をもって投資ができるのは、なんだか嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました